ムービーテーマ ジャズヴォーカル

小学館サライ特別編集のCD付きマガジン「ジャズヴォーカルコレクション」の最新号は「ムービーテーマジャズヴォーカル」で映画音楽の特集号。

収録曲は以下の10曲。

男と女/ザ・ルック・オブ・ラブ/ムーン・リヴァー/アイ・ガット・リズム/酒とバラの日々雨に唄えば/雨に濡れても/コーリング・ユー/アイ・ウィル・ウエイト・フォー・ユー/シャレード

マガジンの表紙が眩しいオードリーなのでついフラフラ〜(´∀`〜)と買ってしまう人も多いと思いますが・・・

注意しなくてはならないのはこのCDマガジンシリーズは「ジャズヴォーカルコレクション」であって、有名なジャズ・シンガーが歌唱してますが、収録曲は当然ジャズアレンジされていて、映画のサントラ盤のイメージとはかけ離れている曲もあります。

たとえばムーン・リヴァーは本CDではサラ・ヴォーンが歌唱していてそれはそれで見事な歌唱ですが、オードリーやアンディ・ウィリアムスのムーン・リヴァーを想像すると最初は少し戸惑うかも(^_^;)

でもしかし、耳に馴れてくるとその素晴しさが伝わってくる。それが名曲かつトップシンガーの歌唱(* ̄ー ̄)

特に最後の3曲、順にホリー・コールアストラッド・ジルベルト、ジョニー・ハートマンの歌唱ですが、心にしみいります。

詳細な解説マガジンがついて1200円(税抜き)

あまりジャズに興味がなくても映画ファンにはお薦めしたいお買い得品ですヘ(≧▽≦ヘ)♪

(完)