ないことにできてない

NHK大河ドラマで西郷どんが始まりました。

主人公を演じる役者さんが好きなので見てみました。

西郷隆盛1828年に生まれています。

今から190年前の生まれですね。

初回は幼少期の西郷隆盛が仲間と勉強したり、地域の子どもと競争したりします。

その中で女の子が男の子のフリをし、仲間に入り込むというエピソードがあり、結局その子は女の子だとバレて追い返されます。

勉強することはもちろん、日の暮らし、習慣、しつけ。

常識として男と女は分けられ、差をつけられる状況が描かれていました。

さて、別の日、アンナチュラルというドラマを見ました。

その回、主人公の女性が男性検事に、女はヒステリーだとか、信用できないなどと、なじられる場面がありました。

ちょっと私はびっくりしたんです、

え?この時代になっても未だにこういう男女差ネタをやるの?と。

そしてさらにびっくりしたことに、ドラマの男性検事のセリフを聞いててイラッとしてる自分に気付いたんでよ!

もうね!自分に呆れた。

私まだこのネタでイラッとするのか?って。

男はこうあるべき、女はこうあるべき、なんてない!

そう思ってるつもりなのに、結局はつもりなんだろうなぁ。

学んだつもりで、まったく学べてない。

そんな差はどこにもないとわかっていれば、イラッとはしないはず。

そんなのないことにできてないなぁと改めて自分の考えを知った気がしました。

だから同じネタを繰り返し繰り返し見せられる。

女は素晴らしい!

男のくせに仕事ができない

女のリーダー

女ならできるのに

これ全部同じこと。

反対の間違いを主張してるだけ。

今あなたがイラっとしてることは、もしや190年前から変わってないネタなんてことありませんか?

何度も何度も見せられることは、気付きなさいというメッセージです。

人は身体じゃない。魂で見なくちゃね。

この繰り返される世界で、男や女をやりながら、みんないろんな勉強中なんだから。

お知らせ

2月モダナークギャラリーの日程です。

2月16日、23日どちはも金曜

ご予約roxyemikogmailcom

他の日は元町カフェにて承ります。

2月18日日曜

アラフェットさんにてイベント

ご予約alafete