葛飾柴又帝釈天

年末から正月にかけて寅さんを見た。最後の作品から逆に見ているので、少しずつ寅さんが微妙に若くなるのとみつおがどんどん子供になるしタコ社長の娘役の美保純が若くなって行く。シリーズを通じてあまり変わらないのはさくらとその旦那のひろし、そして御前様。32作目の竹下景子のお父さんであるお坊さんの代理で急遽坊さんをやり見ず知らずの檀家さんにおもしろ講話をする寅さんが好き。33作目の中原理恵さんの演技が自然でリアルすぎて、何回ももらい泣き。

寅次郎を心配して泣いてしまうさくらにもいつももらい泣き。

男はつらいよでは季節の描写が色と出てくるが、春、夏、秋、冬、特に

本格的な夏直前の汗ばむ頃の湿度感がいつもうまいなぁと感心する。

アマゾンプライムを見始めてから、躊躇なく3本連続で見たりとかしている。

まだ全網羅するのに31本も残っている。

ゆっくり見て行こう。

男はつらいよ口笛を吹く寅次郎リマスター版第32作/作者不明

男はつらいよ寅次郎真実一路リマスター版第34作/作者不明

男はつらいよ夜霧にむせぶ寅次郎リマスター版第33作/作者不明

広告を非表示にする