風のマジム

私は人に伝えることが下手くそだ。そこで本を読んでみようと思った

本を読み始めたら面白いの一言。

どうしてこんなに入り込める文が出来るのかと毎度毎度思う。

今回は風のマジム。

沖縄が舞台でラム酒を作る20代後半の女性の物語。

沖縄の方弁が軽快で特におばぁとのやりとりがたまらない。厳しくあったかい言葉の数。そして周りを、確実に巻き込んでいくマジム主人公。また、その周りの人の言葉。

あればいいなと思うことは誰でもできるがないなら自分で作ればいいと思える人はいない

だったかな

本当に、正に。って言葉だなー。

まぁとにかく、

一度読んでほしい

あったかく、そして心の中心が熱く頑張ろうって思えた本だったから。

広告を非表示にする