政治家の在り方を根本から問い直す

政治家の在り方を根本から問い直す

まさか、こんなテーマを書く気になろうとは思ってもみなかった。

まず、あるサイトから国会議員の役割を検索してみた。

すると、1法律を作る。2予算を決定する。3総理大臣を選ぶ。

この3つが主な業務となることが書かれていた。唖然としない方がおかしい。

私の国会議員

憲法を遵守する。

2国民が主権者であり、公僕として身を粉にして国民の生活の安寧のために全力で勤める。

3世界の平和のために貢献する。

4特定の個人や企業の利益のために、議員という立場を利用して、利益供与は行わない。

5私腹を肥やさず、税金の1円たりとも無駄にしない。

社会保障政治の充実を図る。

7国民の声に耳を傾け、国民の意思が反映できるパイプを作り、議員活動は選挙民に逐一報告する。

8官僚に主導されることなく、民意最優先で政策実務源を図る。

9情報公開を徹底し、民主主義政治の実現に向け、絶えず努力する。

10自己の意見を持ち、例え所属政党が決定した政策内容得でも、国民の不幸につながる場合は、確固とした意見を主張し、けっして妥協しない。