“エキサイティング・カンパニー”成功の秘訣

企業が発展し続けるために

は、社員に常に上を向かせ

て仕事をさせる必要がある。

仕事のやり方一つにしても、

もっといい方法があるのでは

ないかと模索することが大切

です。

花王常磐文克さんは、企業

集団のあり方についてこう

語っています。

「ロマンある目標をしっかり

掲げ、その目標を達成させる

ために、みんなが働きやすい、

質の高い職場を作る。

会社の質は、社員の質より絶

対良くなりません。会社を良

くしようと思ったら、社員一

人ひとりがいい質にならない

と駄目です。

個性を持った個人が集まった

集団が、風通しが良く、雰囲

気が明るい魅力ある職場で

仕事ができるようにしなけれ

ばならない。

そのために、現場に足を運ん

で話をするといった努力をし

て、職場づくりにも努力をし

エクセレント・カンパニーな

んてない。

必要なのは社員一人ひとりが

燃えて仕事ができる集団、エ

キサイティング・カンパニー

ではないでしょうか。

そういう会社なら、いろいろ

な環境変化があっても、浮き

沈みがあっても会社として

栄えていく」

花王の増収総益は、それを

目指した結果なのでしょう。