LAST JEDI

今日やっとスターウォーズを観てきた。

前作の続きという事で期待半分、期待外れ半分な気持ちで観に行った。

何と言うか、今までのスターウォーズを壊そうとしている気がする。

ジョージルーカスから離れた作品を好き放題やってるんじゃないだろうか。

オープニングのロゴは黄色だったのは良かったけど。

なんかもう何でもありな感じで、今までの世界観とは違っている。だから色々、突っ込みどころ満載になる。

矛盾が生じる。

前作から始まった新たなシリーズは何を軸にして描きたいのかイマイチわからない。

全てが中途半端、全てがあっけない。

この先はネタバレになるけど。

ハンソロに続き、ルークも逝き、レイア演じるキャリーフィッシャーがもういない。どうするのだろう。

宇宙空間に投げだされたレイアが戻ってくるし、レイとレンはテレパシーで会話しまくるし、スノークはアッサリ殺されるし、誰だったのか不明なままだし。カイロ・レンのマスクいらなかったし。

ファーストオーダーはイマイチ銀河を支配している感が薄いし、ポーグなんていらないキャラだし。

霊体のヨーダはあんな力あるならファーストオーダー倒せるんじゃね?

まだまだ言いたいところはたくさんある。

次回作で完結させるとすれば、ますます詰め込み過ぎないといけなくなる。

エンドクレジットのキャリーフィッシャーに対する追悼メッセージは震えたけど。

個人的にやはりJJエイブラムスとは合わない。

でも9が公開されたら観に行くに決まってるけどね。

広告を非表示にする