【京都】「魚をとってくる」海水浴中の19歳男性が死亡

海水浴中の19歳男性が死亡

京都 京丹後

6日午後、京都府京丹後市の海水浴場で、19歳の会社員の男性が海に沈んでいるのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

6日午後3時ごろ、京都府京丹後市丹後町中浜の「中浜海水浴場」で、大阪・枚方市の会社員、平尾勇さん(19)が海に沈んでいるのを海水浴客が見つけ消防に通報しました。

平尾さんはヘリコプターで兵庫県豊岡市内の病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警察によりますと、平尾さんは中学時代の友人たちと海水浴に来ていて、

「魚をとってくる」

と言って1人で泳いでいたということです。

平尾さんが見つかったのは岸からおよそ30メートル、水深が2メートルから3メートルのところで、当時は波は穏やかだったということです。

警察が詳しい状況を調べています。